東京ベイホテルグループ

東京銀座ベイホテルに宿泊した感想レビュー!デメリットも紹介

こんにちは、ヒトリッパー編集長の細井です。

高級ブランドショップが立ち並ぶ銀座。

大人のセレブの町としても有名です。

銀座は全ての値段が高い印象ですが、カプセルホテルであればかなりリーズナブルなお値段で泊まれます。

それが今回ご紹介しる「東京銀座ベイホテル」

東京銀座ベイホテルはカプセルタイプのホテルですが、清潔感があり女性一人でも安心して泊まれるんです。

そこで今回の記事では、東京銀座ベイホテルに宿泊した感想レポと、メリットだけでなくデメリットも併せて紹介したいと思います。

東京銀座ベイホテルの詳細・予約はこちら

東京銀座ベイホテルの最寄駅や行き方・アクセス方法

東京銀座ベイホテルの最寄駅は以下。
・日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」A1出口より徒歩約6分
・銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座駅」A3出口より徒歩約8分
・JR・銀座線・ゆりかもめ「新橋駅」1番出口より徒歩約8分
・大江戸線「築地市場駅」A3出口より徒歩約8分

複数路線でアクセスできるのは有難いですね。

 

東京銀座ベイホテルの入り口には足湯(お風呂)がある!

意外と知られていませんが、東京銀座ベイホテルの入り口には足湯(お風呂)があります。

利用時間は朝11時から夜23時までの12時間。

お湯が心地良かったですね。

利用している人も何人かいました。

 

東京銀座ベイホテルにチェックインは16時から

東京銀座ベイホテルのチェックイン時間は16時からです。

フロントは3階にあるので、エレベーターで3階に上がりましょう。

こちらが3階の受付。

フロントで受付を済ますと靴箱の鍵とカードキーを受け取ります。

 

チェックイン自体はこちらの機械で受付。

結構楽チンでした。

東京銀座ベイホテルはロッカーが利用可能

東京銀座ベイホテルはロッカーが利用可能です。

小さいタイプは靴箱。

靴を脱いでスリッパに履き替えます。

その奥がロッカー。

 

渡されたカードキーと同じ番号のロッカーを使いましょう。

ロッカーは小さめです。

 

大きい荷物は受付に言えば預かってくれます。

 

館内では無料Wi-Fiが利用可能

東京銀座ベイホテルの館内では無料Wi-Fiが利用できます。

サクサク繋がったので、快適に使えました。

 

東京銀座ベイホテルのアメニティー

東京銀座ベイホテルのアメニティーは以下。

・ナイトウェア
・バスタオル
・フェイスタオル
・ボディタオル
・歯ブラシ
・コーム(くし)
・ヒゲソリ
・綿棒
・コットン
・耳栓

これだけあれば十分ですね。

 

男女別のフロアだから女性一人でも安心

東京銀座ベイホテルは、男女別に宿泊フロアやラウンジが分かれています。

そのため女性一人でも安心して泊まれます。

実際に宿泊されている女性も多く見かけました。

東京銀座ベイホテルの詳細・予約はこちら

 

東京銀座ベイホテルのカプセル部屋の様子

東京銀座ベイホテルのカプセル部屋はこちら。

眠るだけであれば十分な広さです。

奥にはテレビをみるためのヘッドホンと目覚まし機器。

 

USB差込口とコンセントが一つずつあるから充電もバッチリ。

 

足を伸ばしてみましたが、スペース的には問題ありません。

 

音もそこまで気にならず快適に過ごせました^^

 

東京銀座ベイホテルのラウンジは綺麗で快適

続いて東京銀座ベイホテルのラウンジの紹介。

やや狭い印象を受けますが綺麗です。

電子レンジやポット。

 

コーヒーも完備(有料)。

 

ジュースやお酒も売ってます。

 

ただしフードはありませんでした。

ラウンジの奥に喫煙所があります。

東京銀座ベイホテルの詳細・予約はこちら

 

東京銀座ベイホテルはドライヤーも完備

東京銀座ベイホテルは洗面所にドライヤーが設置されているので、家から持ってくる必要がありません。

たまにドライヤーがないホテルもあるので、これは嬉しいですね。

ハンドウォッシュはPOLAでした。

 

東京銀座ベイホテルのシャワーも快適

こちらはシャワー室。

着替えるスペースもあります。

シャンプーやボディーソープはDHCです。

 

お湯の出や水圧も問題ありませんでした。

むしろ水圧はマックスにすると家のシャワーの水圧より強かったです(笑)

 

東京銀座ベイホテルに朝食はある?

東京銀座ベイホテルに朝食はありません。これはちょっと残念でしたね。

一階にコンビニのローソンや、すぐ近くにセブンイレブンがあるので、そこを利用しましょう。

 

東京銀座ベイホテルから東京ビッグサイトの行き方は?

東京銀座ベイホテルから東京ビッグサイトへは、ゆりかもめ「新橋駅」から電車で行けます。

所要時間は40分ほどです。

コミケなどイベント時にもよく利用されているみたいです。

 

GINZA SIX(ギンザシックス)も徒歩数分で行ける


複合商業施設のGINZA SIX(ギンザシックス)も徒歩数分でいけます。

GINZA SIX(ギンザシックス)はとにかく綺麗できらびやか。

6階の蔦屋書店&スタバがかなりおしゃれでした。

銀座で買い物するのも便利です。

 

東京銀座ベイホテルのメリット

東京銀座ベイホテルのメリットは、
・複数路線が使えるから移動が便利
・銀座なのに安い
・周辺にお店がたくさんある
・GINZA SIX(ギンザシックス)が近い

 

東京銀座ベイホテルのデメリット

東京銀座ベイホテルのデメリットは、
・連泊する場合でも10時~16時の間はカプセル部屋に入れない
・朝食がついていない
・無料のドリンクがない
・カプセルタイプなので音が気になる人は気になる

総合的に判断すると、メリットの方が大きかったですね。

ただカプセルタイプのホテルなので、音に敏感な人は別の個室タイプのホテルの方がいいかもしれません。

 

東京銀座ベイホテルの宿泊料金は?

東京銀座ベイホテルの宿泊料金は一泊4,000円でした。

この料金でも十分に安いですが、これはテレビ付きの部屋の値段なので、テレビ無しの部屋や曜日によってはもう少し安く泊まれます。

 

じゃらん・楽天・アゴダどれで予約するのがお得?

ホテルを予約するときに、じゃらん楽天トラベル・アゴダ・ブッキングドットコムのホテル予約サイトを毎回すべて検索していませんか?

僕も以前はそうやっていたんですが、今は「ホテルズコンバインド」というホテル予約比較サイトを使っています。

ホテルズコンバインドを使えば、楽天トラベルやじゃらんなど100サイト以上のホテル予約サイトを一括比較して、最安値で泊まれるプランを提案してくれるから、かなり楽です。

もし予約するなら、ホテルズコンバインドを使えばお得に泊まれますよ^^

ホテルズコンバインドで東京銀座ベイホテルの宿泊料金を調べる

 

東京銀座ベイホテルの総合評価

以上が東京銀座ベイホテルに宿泊した感想です。

東京銀座ベイホテルの総合評価は(5つ星満点中)
立地:⭐️⭐️⭐️⭐️
清潔さ:⭐️⭐️⭐️
居心地のよさ:⭐️⭐️⭐️
Wi-Fiの速さ:⭐️⭐️⭐️⭐️
スタッフの対応の良さ:⭐️⭐️⭐️⭐️
価格:⭐️⭐️⭐️⭐️

です。

やっぱり立地が良いのに安いのが魅力ですね。銀座でこの価格はかなりリーズナブルだと思います。

東京銀座ベイホテルは、銀座で安く泊まりたい方におすすめです。

住所〒104-0061 東京都中央区銀座7丁目13−15
アクセス日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」A1出口より徒歩6分
銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」A3出口より徒歩8分
JR「新橋駅」より徒歩8分
銀座線「新橋駅」1番出口より徒歩6分
都営大江戸線「築地市場駅」A3出口より徒歩8分
宿泊料金3,300円~
チェックイン16時
チェックアウト10時

東京銀座ベイホテルの詳細・予約はこちら

ホテルズコンバインドを使って国内外のホテルをお得に予約しよう!

国内外のホテルを予約するなら「ホテルズコンバインド」を使うのがおすすめです。

ホテルズコンバインドは、
・楽天トラベル
・じゃらん.net
・Booking.com
・Agoda
・Expedia

をはじめ、100社以上のホテル予約サイトを比較し、最安値で泊まれるサイトを表示してくれます。一つ一つホテルサイトを確認しなくて良いからすっごく楽ちん。

値段だけでなく、ユーザー評価やホテルランク順に検索できるので、自分の好みのホテルを見つけやすいのがメリット。ホテルズコンバインドを使い、お得にホテルを予約しちゃいましょう!

ホテルズコンバインドでホテルをお得に予約する